上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REIT資料備忘録① 

REIT関連資料の備忘録。


資料名「J-REIT市況月次レポート」
不動産投信情報ポータル→最新情報→J-REIT市況月次レポート

内容:REIT市場全体および個別銘柄の動き。物件取得情報。
   予想配当利回りなど個別銘柄のデータ等。
 

コーセラ 

無料オンライン講座「Coursera」
https://www.coursera.org/

世界中の多くの大学と協力し、オンライン上で講座を無償で提供している。
現在東京大学も講座を提供している。

こういったオンライン上で公開される講座を
大規模公開オンライン講座(Massive Open Online Courses)という。
通称MOOC(ムーク)。

英語ができないので、受講することは難しいのだけど、興味あるなぁ。

GPIF 

年金積立金管理運用独立行政法人(Government Pension Investment Fund)
国民年金と厚生年金という公的な年金資産を運用する組織。通称GPIF。

現在の運用資産は約120兆円。資産運用の内訳は

国内債券:60%
国内株式:12%
外国株式:12%
外国債券:11%
短期資産:5%

国内株式のうち、80%はTOPIXと連動するように運用。残り20%は個別銘柄を選定し運用。


政府は公的年金の運用改革の一環で、成長企業の株式に重点的に投資する手法の検討に入った。
運用改革は11月中に提言を求める方向。

国内債券運用を縮小し、内外株・外国債券の運用拡大を検討。
株についてはROEを指標に算出する新株価指数を基準にする予定。


運用利回りの目標はあるだろうが、あまり無理のない運用をしてほしい。

汚染水対策 

汚染水問題への対策として考えられているものが2つ。


まず地下水バイパス。
現在一日あたり約400tの地下水が発電所建屋内に流入し、汚染水に変わっている。
地下水バイパスは、山側から流れてきた地下水を建屋の上流でくみ上げ、海に放出する計画。
これにより、100t程度の流入が防げるとのこと。

そして凍土壁。
建屋周辺の地盤を凍らせて、地下水の流入を防ぐ方法。
しかし、例えば海側が凍りきらない間に山側の凍土壁が完成すると、建屋内の汚染水が海に流れ出てしまう。
よって、海側と山側、同時に凍らせる必要があり、技術面で可能かが課題。


クローズアップ現代で見て、記憶と簡単なネット検索を頼りに書いたものなので、間違いがあるかもしれません。

ウェブページPDF化 

Chromeでウェブページを開き、印刷。
送信先を「PDFに保存」にしたらOK。

「あまちゃん」HPの、"ちょびっとトーク"のページをPDF化してみました。
ウェブページ通りの表示にはならなかったけど、手軽にできるので満足。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。