上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPIF 

GPIFの次期ポートフォリオが策定されるのは今秋との見方が多い。
遅くとも年末までには何らかの見直し案が出てくる可能性が高そう。

ただし、株式運用比率が引き上げられたとしても、株式市場への新規マネー大量流入に繋がるかは不透明。
保険料収入の低迷で、14年度も6兆円近くの積立金取り崩しが見込まれている。
その大半を国債の売却で工面していることから、国債の比率は、14年度末には現在の60%から52%程度まで下がる計算となる。
そうなると必然的に日本株に比率が上昇する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoing2005.blog7.fc2.com/tb.php/357-648364b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。