上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカは日本経済の復活を知っている 

浜田宏一氏の『アメリカは日本経済の復活を知っている』を読んだ。
すでに旬は過ぎたような感じではありますが。
1日時間取れる日があったので、ぱーっと読みました。

まぁ、要はいかに日銀の政策がダメで、金融緩和が必要かというのを繰り返し書かれた本です。
んで金融緩和やってもハイパーインフレにはなりません、と。
結論への持っていき方が強引だったり、裏付けが不十分だったり、話が飛躍しすぎてたり、という印象。
あと、他者の意見、文章を引用しまくっている。勝間和代、窃盗犯・高橋洋一、若田部氏は頻出。

まぁ、裏付けとなる数字とか根拠に欠ける気がするのは、恐らく多くの人に読まれるのを意識してのことではなかろうか、と思う。
わかりやすく、読みやすいように。
当然優れた人だろうから、結論への十分な根拠、データなどは持っているはず。きっと。
最後の方に経済学寄りのものを執筆しているとあったので、次回作はもっと細かいものになるのかな。

個人的には金融緩和に否定的な意見(河野龍太郎氏とか)の方がしっくりくるのだが、
それとは反対の意見、ましてや国のトップの考え方の土台となっているであろう意見は知っておかなければならないと思って、本作を読んでみました。

まぁ、わざわざ買って読む本ではないかな、と思います。
僕も先輩に借りましたが、職場で1冊誰かが買って、回し読みしたので十分ではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoing2005.blog7.fc2.com/tb.php/342-3e6e47f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。