上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白川日銀総裁の早期辞任 

白川日銀総裁が4月8日の任期を待たずに、3月19日に辞任することに。
まぁ、4月8日予定だったのは(詳しく調べてないけど)政治のごたごたで就任が遅れてたせいなので、
副総裁が交代となる3月19日に合わせて身を引くのは、当然といえば当然か。

これによって、4月前半の日銀金融政策決定会合は新体制のもと行われることになり、
その後4月後半の会合で展望レポート公表と同時に追加緩和が実施されるという見方が現実味を帯びてきたので、
俄然2月中旬に予定される総裁人事案の提出に注目が集まる感じになってきた。

米欧に比べ緩和姿勢が弱いなどとの批判もあったけど、
安易な緩和競争に付き合わず、持論を軸に必要な対策を打っていた(ように思える)白川さんには好感を持ってました。
それが良かったのか悪かったのかは、今の私にはわかりませんが。

任期後半は政府からの圧力もあり、大変だったろう。
「日銀は責任をもって物価目標達成を」とかいろいろ言われて。

足元は期待感から円高も修正され、株価も堅調ですが、
2%の物価目標達成は、円安による原材料価格上昇によるものではなく、
経済成長、収入増、消費増などの好循環による、実感をともなったものでなければ。

とりあえず、なんとなーく思ってることを大してまとめずにだらだらと書いてみた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoing2005.blog7.fc2.com/tb.php/335-b44af836

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。